デンタルラボア シュルッセルとは

はじめませんか?
「歯科技工士を選ぶ」という新しい選択
歯の治療をするとき、削った部分を人工的な歯、いわゆる「補綴物(ほてつぶつ)」で補うことがあります。すでにお口の中にいくつか入っている方もいるのではないでしょうか。ではその補綴物、誰が作ったものかご存知ですか?
なんでも食べられ、不安のない毎日を過ごすために補綴物は欠かせません。そして、その補綴物を作る専門家が歯科技工士なのです。歯科技工の道具
歯科治療の先進国であるドイツには、患者さんと歯科技工士が直接対話できるラボがあります。なぜそのような場所がわざわざ存在するのかといえば、いつまでも健康で豊かな毎日を送るために歯が大切であることを国民一人ひとりが知っているから。

歯を治すプロ=歯科医師
歯を守るプロ=歯科衛生士
歯をつくるプロ=歯科技工士

お口の専門家たちとたくさんコミュニケーションをとり、納得のいく治療方法を自分で選択したいという国民のニーズに、ドイツの歯科医療者は見事に応えています。

「そんなドイツの文化を日本にも浸透させたい」
デンタルラボア シュルッセルは、その思いから生まれました。コンセプトは“会いにいける歯科技工士がいるラボ”。私たちが提供するフルオーダーメイドの補綴物は、制作する過程において患者さんと対話する時間を最も大事に考えています。
身も心も豊かに健康に過ごしたいあなたの疑問や想いを、納得いくまで話してください。聴かせてください。あなたの人生をより良くするためのサポートを精一杯させていただきます!
ご相談はこちら

アクセス

デンタルラボア シュルッセル


〒130-0023
 東京都墨田区立川1-9-8 1F
03-6884-0700

お問い合わせはフォームよりお願いいたします。
電話をおかけいただいても歯科医院へ出向いていることが多く
留守の場合があります。

デンタルラボアシュルッセル外観